こころとからだが急速に貼ったする幼児期。この時期の成長に音楽は重要な役割を果たします。
ヤマハ音楽教室幼児科は、4〜5歳の子どもたちが音楽とふれあい、豊かなこころを育てていく場所です。
この教室で、お子さまに音楽の楽しさをたっぷりと体験させてあげてください。
耳の能力が急激に伸び、ドレミを聞き分けられるようになる4・5歳児向けのコースです。さまざまな音楽体験を通じて子どもたちの感受性を育みながら、音感を養いイメージを大切にして歌い、鍵盤で表現をしていきます。
こうして無理なく自然に、確かな音楽の基礎力を育成していきます。
 
   
幼児期のこころの成長過程で、いちばん大切なのは、知的部分と情緒的部分がバランスよく発達すること。特に音楽は、情緒的な部分に大きな影響を与えます。音楽は感性を豊かにし、「こころの健康」の土台づくりをする役割を担います。
幼児期は、耳(聴感覚)の発達がもっとも著しい時期。音に興味をもち、新しい言葉次々と覚えていきます。ヤマハでは、この時期にさまざまな音楽を聴き、歌い、弾く体験を重ねることで、音感は理想的に育っていくと考えています。



言葉を覚える能力が
一気に高まる時期、
「ドレミ」を覚えるチャンスです。
判断力や認識力が育つので、
読譜の学習が
始められる時期です。
この時期に歌う、
弾くことを通じて、
表現力が成長します。
   


  ヤマハ音楽教室のレッスンの中では、「弾く」ことだけではなく、「聴く」「歌う」「読む」「つくる」といった要素がバランスよく体験できるようになっています。それによって、将来、音楽を聴いたり、歌ったり、弾いたり、つくったり、さまざまな形で楽しめる総合的な音楽力が育まれてます。
 
  「子どもの成長に合わせ、その年齢だからこそ発達していく能力を、最大限に引き出す」これがヤマハの「適期教育」という考え方です。特に聴感覚の発達が著しい4〜5歳の子ども達に「聴く」ことに重点をおいたレッスンを行っています。
 
  音楽に親しむ喜びをお友だちと味わう。そんな”感動の共有”を大切に考え、グループレッスンを取り入れています。その中で、互いに刺激しあい励ましあい、さらには個々の個性を引き出しあいながら、協調性や社会性を育みます。
 
  レッスンでは保護者の方も一緒に音楽を楽しんでいただいています。それにより、お子さまに「安心感」や「積極性」が生まれるのです。レッスンでの体験を家庭に持ち帰り、家庭学習や音楽環境づくりに役立てることもできます。
 
  グループレッスンを取り入れながら、個性を伸ばす配慮もしています。お友だちの前で発表する場を設け、個々の良さを認める指導をしていきます。また、保護者懇談会を行い、皆さまと講師とのコミュニケーションを図っていきます。
 
  お子さまの才能をさらに伸ばすには、教室とご家庭の連携が大切です。たとえば、ホームワークやDVD、CDなどの教材が、ご家庭での音楽環境づくりをサポート。ヤマハには、きめ細やかな音楽教育のノウハウがあります。
 
     
東山堂ヤマハ音楽・英語二戸教室
〒028-6103 岩手県二戸市石切所字荷渡22-13 エクセルガーデンビル内2F
0195(23)3102 0195(23)3102

Copyright (C) 2007 TOSANDO NinoheSchool All Rights Reserved