レッスンは「きくこと」からスタートします。そしてそれを「うたう」「身体」「鍵盤」で積極的に表現していきます。
子どもたち、保護者の方、講師の三者によるあたたかいふれあいの中で、音楽を楽しむ心を育てます。
好奇心旺盛な3歳児向けのコースです。イメージを広げながら音楽を聴き、曲に合わせて弾いたり、歌うなどして、楽しい音楽体験を重ねることにより音楽表現力の素地を養っていきます。
 
   

いろんな面で大きく成長する時期が3〜4歳頃ですが、特に「聴く」能力がいちじるしく伸びてきます。
この時期に、楽しく音楽に接することで、音楽に集中して耳をかたむける力や積極的に表現できる力の素地を身につけることができます。
音楽は、美的感覚や創造性をつかさどる右脳の発達をうながし、それが知的なものを受け止める左脳とのバランスのとれた成長にもつながっていきます。
  右脳(音楽脳)≫創造性/イメージ/美的感覚/倫理性
  左脳(言語脳)≫理論性/理性/記号的思考
3歳という年齢は、やさしさ、思いやり、よろこび、かなしみなど、おとなと同じような感情があらわれ、その人のないめんが 形成される時期だといわれています。その時期に音楽に触れ、その楽しさや素晴らしさを実感することで、おとなになっていく上でもっとも大切な感情や感性を豊かに育んでいきます。
  レッスンでとりあげる曲は、ヤマハならではの選挙区。オリジナル曲を中心に幅広いジャンルの曲で構成しており、3歳児の興味をひき、好奇心を満たすものばかりです。すてきな音楽とのはじめての出会いは、子供たちの心を踊らせます。わくわくしながら「きいて」「うたって」「ひいて」「リズムをとって」…さまざまな音楽体験をしながら、子どもたちの感性は豊かに育まれます。
  鍵盤は3歳児にとってはじめての経験。まず、「鍵盤って楽しいな」って思うことが大事です。そのために「おんがくなかよしコース」では想像力が豊かな3歳児にもっともふさわしいイメージを大切にした弾き方(鍵盤あそび)からすたーとします。たとえば、「星の光」や「風のささやく音」などのイメージを心の中でふくらませたうえで、音を
鳴らす。…音のニュアンスや表情がわかると鍵盤がグーンと身近になります。こうしたレッスンをつみ重ねることが、将来の表現力豊かな鍵盤演奏につながっていくのです。
  「おんがくなかよしコース」修了後は、次のステップの幼児科へ。そしてその後も多彩なコースをご用意していますので、お子様の年齢や興味に合わせてステップアップすることができます。
東山堂ヤマハ音楽・英語二戸教室
〒028-6103 岩手県二戸市石切所字荷渡22-13 エクセルガーデンビル内2F
0195(23)3102 0195(23)3102

Copyright (C) 2007 TOSANDO NinoheSchool All Rights Reserved