エクセルハウジング有限会社










 
南部 木組の家は岩手県の「県北・沿岸地域起業化支援事業」として採択を受けました
一生のパートナーにふさわしい住宅を目指してエクセルハウジングは輸入住宅で培われたノウハウを活かし、北国の風土に適応した高い居住性能をすべてに追求した世代を越えて住み継げる住宅です。
   


 1,000年以上の歴史を持つ日本の伝統建築。何度となく被った大地震や台風にも耐えた古い木造の社寺仏閣が現在にも残っていることは、いかにすぐれた構法であったかを証明しています。出来る限り金物を使わずに本来の木の持つ特性を生かし、梁と梁とは継ぎ手で結び込み栓を打ち込み、柱と柱は通し貫でくさびと込み栓で固めてあります。

   

 「いわての木」と言えば、なんと言っても『南部アカマツ』ということになるのですが、人口林の面積はスギ、アカマツ、カラマツがほぼ同じくらいです。岩手が誇れる木材を適材適所、ふんだんに使い、『南部』というブランドで家をつくる「地産地消住宅プロジェクト」です。
     

 現代はプレカット構法で建てられるものが一般的となってしまい、いわゆる「規格型住宅」。大手ハウスメーカーはローコストで戸数を急激に増やしています。
昔ながらの大工は「機械」になっているのです。
「もう腕の良い大工はいないのか?」そんなことはありません!
その機会を待っているのです。伝統を継承された、最高の「匠の技」を持っている大工によってつくられる『木組の家』はきっとあなたに感動を与えます。
   
     

 近年、シックハウス症候群など住宅への健康志向が高まっています。「安心」「安全」の100%天然塗料・接着剤は岩手生まれの製品です。人にやさしい生活環境の回復のために、まさに大自然「岩手」からの贈り物と言えます。
 

 建てる前は、家族の夢の結晶になるはずだったマイホームが、「規格型住宅ですから」とセールスマンから夢を削られ、「夢」のマイホームが「ただ」のマイホームになってしまいます。ローコストで引渡しまで速さが売りの住宅メーカーは、本当に信頼されているのでしょうか?一から施主さんと時間をかけて完成させるマイホーム。施主さんの希望は100%叶えてあげたい、それが共に歩む「夢のマイホーム」です。
   

 「メーター・モジュール」による工法の採用により、階段や廊下の幅もひとまわり広く設計されています。輸入住宅で培われた、 本来のゆとりと開放感は、バリアフリー住宅としての理想もかなえています。
 

 住まう人の安らぎや健康への関心が高まる中で、その効用に注目が集まる無垢の木と珪藻土は、住む人にやすらぎとゆとりを与えてくれるほか、湿度のバランスを調整する調湿機能を持つなど、さまざまな効用があります。エクセルハウジングでは、床材や面材などに無垢の木をふんだんに使用。多彩で温かみのある表情は、インテリアにもグレード感を演出します。
 

 「南部 木組の家」は和のイメージが強いのですが、輸入住宅で培われた完成度の高い洋風デザインも採り入れます。優れた機能性が魅力の輸入部材を使用。重厚な雰囲気の内装ドアをはじめ、気品あふれる外装デコレーション、さらにはキッチンなどの生活設備のひとつひとつに至るまで、世界有数のメーカーより厳選しています。
   

 日本では住まいを資産として後世に住み継ぐ伝統があるため、住まいは耐久性に優れたつくりになっています。エクセルハウジングも、優れた耐久性を発揮する住まいですが、住まい劣化を防ぐための結露対策や防腐・防蟻処理などにより、耐久性を一層高めています。
     

 優れた断熱・気密性も、エクセルハウジングの魅力のひとつ。ノンフロンの発泡ウレタンを使用することにより、次世代省エネ基準のI地区(北海道地区)のQ値をクリアする高い断熱・気密性を発揮。冷暖房効率を高め、CO2の発生を低減します。
また、深夜電力蓄熱床暖房により冬の光熱費を格段に下げることが出来ます。
   

 断熱・気密性に優れた住宅だからこそ、空気質への配慮も大切です。エクセルハウジングでは、ホルムアルデヒドや有害化学物質が限りなくゼロに近い内装材を使用しています。こうした健康住宅への取り組みと高い省エネ性により、「環境共生住宅」として認定を受けています。
   

 心地よい暮らしのために理想的な室内環境を重視してきたエクセルハウジング。全館熱交換式換気システムを採用することにより365日家中の温度を快適に保ち、人と家の健康を永く守るなど理想的な室内環境を実現しています。エクセルハウジングの気密・断熱性能とそれを活かしたオープンプランの快適な住み心地を、さらに極限まで引き出します。
   
 
     


0195(22)3877 0195(22)3878

Copyright (C) Excel Housing All Rights Reserved